【山】暗闇で見通しがきかない登山道を急いでいた母が滑落死亡 翌朝下山の息子が通報・奈良大峰山系

大峰山系で女性滑落し死亡

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2055819841.html
NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

奈良県南部の大峰山系で登山をしていた愛知県の65歳の女性が、
16日夜、誤って登山道から滑落し、死亡しました。

死亡したのは愛知県岡崎市の竹内富枝さん(65)です。
警察によりますと、竹内さんは、32歳の長男と2人で、15日から、大峰山系に登山に来ていましたが、
予定より遅れたため、16日夜10時ごろ、暗い登山道を急いでいて滑落したということです。

17日午前8時ごろ、天川村に1人で下山した長男が、消防に通報し、
警察と消防が天川村にある登山道の入り口から南に約600メートルの地点で、
道から25メートルほど下の谷底に竹内さんがあおむけに倒れているのを確認しました。

現場付近は、登山道の幅が2メートルから3メートルあり、それほど傾斜も大きくないということで、
警察は、暗闇で見通しがきかず、誤って滑落したとみて当時の状況を調べています。

11/17 18:00